ニキビやニキビ跡を治すと決めた人たちへ。

振り返り美人

  • 治す前に原因を知ろう
  • 予防と対策
  • ニキビ跡について

ニキビやニキビ跡治療といっても様々な方法が存在しています。それぞれの施術方法によって得られる効果は違います。自分では治すことが出来ないような症状であっても皮膚科で治療を受けると解決することが出来ます。症状によって適した治療方法が異なりますので、治療をする前には、慎重に治療方法を選ぶようにしましょう。
では、どういった施術方法があるのか?ご紹介します。

・レーザー
レーザーを照射することによって、ニキビが炎症を起こしている部分を鎮静させることが出来る、ニキビができにくい肌にする、ニキビ跡を薄くする事が出来るといった効果があります。患部へピンポイントでレーザーを照射することができるので高い効果を実感することが出来ます。レーザー治療には、炭酸ガスレーザー、ジェントルレーザー、ジェネシスなどの種類があります。

・光
レーザーのように光を患部へ照射するのですが、一度に広範囲照射することができるので肌へかかる負担が少なくなります。また、一度に広範囲の光を照射することができるので施術時間が短くなります。メラニン色素に反応しますので、ニキビやニキビ跡だけではなく、くすみ、しみにも有効です。光治療には、フォトフェイシャル、フラクショナルCO2レーザーなどがあります。

・イオン導入
微弱の電気を流しながら美容成分を肌の奥へ浸透させます。美容成分が含まれている導入剤を肌へ塗り、電流を与えることで肌に浸透しにくい有効成分もイオン化して肌へ浸透していきます。ニキビ以外にも様々な美肌効果があります。

・ケミカルピーリング
肌の表面に賛成の薬剤を塗ります。そうすることで、古い角質を強制的に剥がしていくことが可能です。角質を取り除くことで新しい皮膚細胞を再生させることが可能です。この治療で使用される酸には、リンゴ酸、フルーツ酸、クエン酸などがあります。肌質や症状の程度によって薬剤の種類が変わります。

このように様々な種類の治療方法があります。しっかりと治療の説明を聞いた上で、納得できる方法を選択して治療を受けるようにしましょう。