ニキビやニキビ跡を治すと決めた人たちへ。

目力

  • 治す前に原因を知ろう
  • 予防と対策
  • ニキビ跡について

ニキビというのは大人になっても出来てしまいます。ただ、20歳を過ぎるとニキビではなく吹き出物と呼ぶと言われます。
20歳を過ぎてからニキビが出来る場合、口周りやフェイスラインが多いです。このような場所にできるものはストレスが原因と言われています。ストレスが溜まることで女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増加します。男性ホルモンは皮脂分泌を活発にする働きを持っていますのでニキビを促すのです。
大人ニキビを防ぐためにはストレスを溜めないようにすることが大切です。ストレスを感じないようにすることは不可能に近いですが、ストレスを溜めないように、自分なりにストレス発散方法を見つけましょう。ただし、甘い食べ物や揚げ物をたべるというような食べ物でストレス解消をすることは避けましょう。糖質や脂質が多い食べ物は皮脂分泌を促してしまいます。

また、ニキビを予防する、ニキビを治すという場合にはスキンケア用品を見直しましょう。ニキビに有効な化粧品は多く販売されています。その中でもビタミンC誘導体という成分が含まれているものはニキビだけではなく美白にも効果があります。ビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすく、高い美容成分をもっています。メラニン色素の生成を抑制する効果もあるのでニキビ跡にも有効です。
ニキビは紫外線の影響で悪化してしまいますので、紫外線対策は怠らないようにしましょう。そうすると、ニキビ対策だけではなく、シミ対策にもなります。

また、ニキビが出来てしまったという場合には、できるだけ早めに対処をするようにしましょう。早めに対処をしておくことで炎症がひどくなることはありませんし、ニキビ跡が残りにくくなります。
一度出来てしまうと、何もなかった状態にすることは難しいので、しっかりと予防と対策をしておくことが大切です。