ニキビやニキビ跡を治すと決めた人たちへ。

花をつけた女性

  • 治す前に原因を知ろう
  • 予防と対策
  • ニキビ跡について

ニキビというのは、だれでも一度は経験したことがあると言っても良いほど身近な肌トラブルです。しかし、身近なトラブルであってもしっかりとニキビに関する知識を知らずに手入れをしている人が多く存在します。そのため、ニキビの炎症が収まったとしてもニキビ跡が残ってしまうのです。
後々後悔をすることがないよう、ニキビの基本知識や原因について把握しておきましょう。そして、その上で自分に合った方法で対処をするようにしましょう。

■そもそもニキビとは?
ニキビというのは、医学用語で「尋常性ざ瘡」といいます。皮膚疾患の一つで、炎症している状態によって対処が変わります。

■原因
ニキビは、原因が複数重なることによって生じます。そのため、人それぞれ原因が異なり、対処法も異なります。
主な原因として、過剰な皮脂分泌、毛穴がふさがっている、肌に合わない化粧品などが考えられます。皮脂は皮膚の表面を外部の刺激から守るためには欠かせない存在です。しかし、食生活生活習慣などによって肘分泌量が増えてしまうと毛穴がふさがってしまいます。毛穴が詰まってしまうことで毛穴の中で皮脂が増殖し、ニキビ化してしまいます。
自分の肌に合わない化粧品を使用していることで毛穴を詰まらせてしまう、皮膚に刺激を与えてしまうといった状態になります。そのため、皮脂分泌が促進される、毛穴を塞いでしまうといった状態を招いてしまいます。

■出来るまで
毛穴から皮脂分泌されますが、毛穴が古い角質に塞がれてしまうことによって毛穴に皮脂が溜まってしまいます。ニキビの原因菌であるアクネ菌というのは、すべての人が持っています。アクネ菌は皮脂を餌にして成長していきますので、皮脂が毛穴に蓄積されていると、皮脂を餌としてニキビを大きくしてしまうのです。
アクネ菌と体内の抗体が戦っている状態が炎症を起こしているので、赤く腫れ上がってしまいます。

以下かでしょうか?ニキビの基本的なことはお分かりいただけたのではないでしょうか。
自分では治すことができない、何度も繰り返すという場合には、すみやかに皮膚科へ行きましょう。皮膚科では症状に合わせて最適な方法で治療を行なってくれます。